TreeBinder vs eMemoPad

2001.6.11.Mon

 2ヵ月前の4.6に、TreeBinder というフリーソフトを入れた。これはいわゆる「ツリー式メモ帳」で、細かいメモをツリーで一括管理できるため、とても便利である。日記やパスワード等の記録、ネタ帳など、自分次第で使い道はいくらでも広がる。

 しかし、ツリーバインダーには大きな欠点(?)があった。開発者が飽きてしまったのか、もう3年近くもバージョンアップされてないのだ。開発終了の案内もないし、サイトも開店休業状態。
 機能的には完成の域に達しているので問題はないけど、やはりこういうのはちょっと寂しい。

 そこで、乗り換えも視野に入れて、同様のアウトラインプロセッサを探してみた。その結果、eMemoPad というのに惹かれたので試用してみる。

 eMemoPad は、クリップボードからの一発メモなど、機能的にはツリーバインダーと大差ない。どちらも一長一短で、決定的な差は見受けられず、同じように便利に使える。
 しかし、eMemoPad には未来がある。どうも気になる改行ピッチの狭さなど、対応してもらえる可能性があるのだ。これは正直言って大きい。

 無理やり両者を比べるのであれば、eMemoPad の方がやや優位にあるだろう。ブックマーク機能やメモアイコンの変更など、細かな使い勝手が良い。なにより、キーカスタマイズができるのは「決定的な差」となるかもしれない。(俺の場合は猫まねきがあるので必要ない…)

 また、eMemoPad のデータは .edf という独自の拡張子を使用する。中身はただのテキストファイルなので、プログラムがぶっ壊れてもなんとか復元可能。あるいは、ソフトの方からテキスト形式などで書き出すこともできる。
 ソフトはレジストリを使用しないので関連付けをやらないといかんが、設定画面からボタン一発でやってくれるため、フォルダオプションやレジストリエディタを開く必要はない。ツリーバインダーも .ttt という独自拡張子を使用するが、自動関連付けの機能がないので、素人にとってはこの差は大きいだろう。

 ツリーバインダーのデータは5つあるが、このうち3つを eMemoPad へ移設した。TreeBinder には「ファイルリンク」という大きな売りがあるので、データによって使い分けるのが賢い奥様なのである。
 んでは両者の画面写真



Page Index
日付 題名 記事の要約
2001.6.4 GlobeTown 無料HPスペース試用記
2001.6.5 完全無料プロバイダを求めて FreeServe試用記
2001.6.8 やっと出ましたJavaScript ボタンひとつの奮闘記
2001.6.10 Multi Clip クリップボード拡張ツール試用記
2001.6.11 TreeBinder vs eMemoPad アウトラインプロセッサ対決
2001.6.13 縦か横か フレーム論序の口
2001.6.14 その後のGlobeTown 広告なしで無料(だった)サーバー
2001.6.16 さらにかゆいところに手が届きます 窓の手5.5
2001.6.18 明日天気になぁれ TWeather 導入記
2001.6.19 消えたオフライン 行方不明の「オフライン作業」
2001.6.20 24066KBの恐怖 Netscape6.10β導入記1
2001.6.21 ネスケ6.1β降臨 Netscape6.1β導入記2
2001.6.22 無駄な努力 ソースの軽量化大作戦
2001.6.24 パチョ奮闘記のひみつ ソース軽量化の悪戦苦闘記
2001.6.25 にっくき Program Files Program Files から ProgramFiles へ
2001.6.27 画面キャプチャ物語 スクリーンキャプチャの色々
2001.6.28 ADSL体験記 ADSL予約記
2001.6.29 猿は後ろを振り返らない PC歴半年を迎えて